New Item

3/16(土)、新しいムーミン クラシック シリーズ発売

人気のムーミン クラシック シリーズに、“ムーミン谷の仲間たち”の一編『目に見えない子』の主人公“ニンニ”が加わります。
ニンニは皮肉屋の叔母さんにいじめられたことで自信がなくなり、とうとう姿が見えなくなってしまった女の子。
ムーミンの一家だけはニンニを温かく迎え入れ、その優しさに触れて、ニンニは少しずつ自信を取り戻し、再び姿を見せるようになっていきます。
それでも、ニンニがその顔を見せてくれるのにはまだまだ時間がかかるのでした。

『目に見えない子』は、人に優しくしてあげると少しずつでも心を開いてくれる、そんな優しさの持つ力について教えてくれ、見ること、見られることが人には大切なのだということを教えてくれるお話です。
“ニンニ”のテーブルウェアは、1989年「児童の権利に関する条約(United Nations Convention on the Rights of the Child, 通称子どもの権利条約、UNCRC)」の国連総会での採択から30周年を記念して発売されました。

そしてムーミンは、フレッシュなグリーンで登場。
1957年に発表されたコミックス『まいごの火星人』で、ムーミンママのお台所に落ちてきたまいごの火星人をムーミンは隠してあげますが、警察までも探しに来ます。でもムーミンとまいごの火星人は、魔法の箱を通して、ちゃんと話ができるのです。

一つ一つに個性豊かなストーリーが詰まったムーミン クラシック シリーズ。
あなたのお気に入りは、どれですか?

このページで紹介しているアイテム(イメージ写真には、一部日本でお取扱いのない商品が含まれている場合がございます)